運営費交付金の削減や少子高齢化の急速な進展により、国公立・私立を問わず大学における基盤的で安定した収入が減少する中、大学にはこれまで以上に自立した経営が求められています。経営戦略における重要な指針とするべく、 多くの大学が「研究力の可視化」に力を入れており、医科系の大学や大学病院もその例外ではありません。

これまでインパクトファクターが研究評価指標として使われて来ましたが、戦略立案のための現状分析や、戦略の実行のための数値目標としてインパクトファクターを越えた様々な指標に注目が集まっています。

この度クラリベイトでは、『医科系大学の研究力を可視化する~インパクトファクターを越えて:課題と対応事例』と題してセミナーを開催致します。最新の可視化の手法や研究力強化のための一歩進んだ施策や、研究力の可視化にとって重要となる研究データのマネジメントについて、実際の事例を交えてご紹介いたします。また、各種指標による医科系Top10大学を例に、論文データに基づいた分析事例をご紹介します。皆様のご参加をお待ち申し上げております。

セミナー概要

セミナー名 医科系大学の研究力を可視化する
~インパクトファクターを越えて:課題と対応事例~
日時 2017年7月7日(金) 14:00~16:40(受付開始 13:30~)
情報交換会 16:50~
主催 クラリベイト・アナリティクス
開催場所 東京コンファレンスセンター・品川 ボードルーム
〒108-0075 東京都港区港南1-9-36 アレア品川 4F
会場までの地図
対象 医科系大学、大学附属病院の研究マネジメント・経営企画に携わる方
定員 50名
参加費 無料
申込 お申込は締切りました

プログラム概要

時間 演題・演者(敬称略)
14:00-
14:05
開会のご挨拶
クラリベイト・アナリティクス
学術情報事業ソリューション部 部長
中村 優文
14:05-
14:40
インパクトファクターを越えて
クラリベイト・アナリティクス
学術情報事業ソリューション部
シニアデータコンサルタント
安藤 聡子
14:40-
15:15
仮)研究力強化の取組み
横浜市立大学
特任講師(URA)
岡野 恵子
15:15-
15:25
ご休憩
15:25-
16:00
順天堂大学の研究業績管理術がもたらす経営者目線でのメリット
~研究者と事務局の需要供給を満たす、EndNoteによる正の循環~

順天堂大学 研究戦略推進センター
リサーチ・アドミニストレーター
高野 秀一
16:00-
16:35
研究業績マネジメントのために クラリベイトが提供するソリューションのご紹介
クラリベイト・アナリティクス
学術情報事業ソリューション部 部長
中村 優文
16:35-
16:40
閉会のご挨拶
クラリベイト・アナリティクス
代表取締役
日野 博文
16:40-
16:50
移動
16:50-
17:50
情報交換会
  • 16:50より情報交換会を予定しております。是非ご参加ください。
  • プログラムは予告なく変更することがございます。何卒ご了承ください。